CATEGORY:どきどき草コインコース

狙い目はどこ!?爆上げするかもしれない有望草コインを見つけよう!

しんすけ

しんすけ

こんにちは!「どきどきビット」サイト管理人のしんすけです。

to the moonという言葉をご存知ですか?

まるで月に届くかのように仮想通貨の価格が高騰する様のことです。

過去に100倍、1000倍にto the moonした仮想通貨は数知れず。

どきどき草コインコースでは5つの記事でto the moonするかも知れない時価総額の低い仮想通貨「草コイン」についてをお伝えします!

どきどき草コイン投資コースとは

私は日本の取引所でビットコインやメジャーなアルトコインに投資をしてある程度利益を出すことができました。

仮想通貨を始めた頃は仮想通貨が何種類あるのかなんて考えもしなかったのですが、仮想通貨投資の面白さにはまっていくとなんと1000種類以上もあることを知りました。

その後も仮想通貨は増え続け2018年6月には1600種類を突破しまだまだ増え続けています。

※時価総額の高い仮想通貨
※出典元:coinmarketcap

※時価総額の低い仮想通貨
※出典元:coinmarketcap

ビットコインやメジャーなアルトコインへの投資で得た利益の一部を使って仮想通貨の中でのさらにハイリスクハイリターンの投資である草コイン、時価総額の低い仮想通貨への投資をはじめています。

仮想通貨投資をはじめた当初は有名どころの仮想通貨にしか目がいかなかったのですが、よく見るとZaifでは様々な種類のトークンが買えることに気づき、さらには取引所が海外にもあることを知ります。

草コインは私の経験上買ってもほぼ鳴かず飛ばずです。

それでも過去にはto the moonした仮想通貨のチャートを見たことがあるので、(もしかしたら・・・)と思い、買っています。

出資金額は今の所3万円程度で、買っている仮想通貨の数は5つ程度。

どきどき初心者コースとは違い、私自身草コインで大きな利益を出した経験は無いので少し説得力に欠ける部分があるかもしれません。

しかし本コースは成功者の追体験ではなく、今まさに草コイン投資にトライしている一投資家の知見をシェアできればと思います。

本コースは私が草コイン投資をはじめてからこの順番で知っておけば良かったと思うことを記事にしました。

 

草コインは買った途端ひたすら右肩下がり、上場廃止で売却すらできない、なんてことも十分にあり得ます。

しかしその反面当たったらデカイ。

今からビットコインが短期間で何百倍以上になることはちょっと難しいような気がしますが、時価総額ランキング下位の仮想通貨であれば十分にあり得ます。

2017年には何百倍どころか1000倍、10000倍を超える仮想通貨もありました。

2018年以降は2017年の絵に描いたような右肩上がりは期待できないものの100倍1000倍以上になる仮想通貨は出てくるかもしれません。

千円が100万円、もしかしたらそれ以上になるかもしれないのです。

仮想通貨は1600種類以上ありますが、日本の取引所を通じて購入できる仮想通貨は約20種類、海外の主要取引所を使えば1000種類程度。

1/1000以上の確率でお宝銘柄をゲットできるかもしれないのです。

でも実際に草コインを買ってもほとんどが鳴かず飛ばずでしょうが、宝くじよりかは可能性は高そうですね。

というと闇雲に草コインを買う感じがしますが、実際には当てずっぽうではなく情報収集をしてこれだと思った仮想通貨を購入します。

先述の通り草コイン投資は超ハイリスクハイリターン。

私は「もし千円が10万円、100万円になったらラッキー!」程度に考えておりさほど大きな金額は草コインに投資していません。

草コインというと海外の取引所をイメージする方が多いですが日本の取引所でも取扱数は少ないながらも時価総額の低い仮想通貨を扱っている取引所もあります。

特にZaifは日本の取引所の中でも独特の品揃えをしており十分に草コイン投資を楽しめるでしょう。

海外の取引所で日本人は締め出し!?

私は海外の取引所を利用して時価総額の低い仮想通貨投資をしていますが、2018年6月以降は主に日本の取引所であるZaifを利用する予定です。

2018年6月現在、海外の取引所は日本人ユーザー(日本居住者)のアカウントを停止させる動きを見せているからです。

おそらくは金融庁が海外の取引所に警告しており、各取引所が対応したものと想像しています。

今は日本人のアカウント停止にしていない海外の取引所でもある日突然取引停止になるかもしれません。

海外の取引所を利用する場合はこのリスクを重々承知の上で投資をする必要があります。

最後に

草コインは余剰資金の中の余剰資金を使いましょう。

例えば55000円を仮想通貨に使うとしたら、端数の5000円を草コインに使うといった感じです。

私はたまたまビットコインなどで利益が出たので、その利益を草コイン投資に充てています。

もし無くなってももともとなかったお金ですから諦めもつきますしね。

でももしかしたら・・・・なんて思いながら日々を過ごすのも楽しいものですよ。

もし興味を持ったのであれば「どきどき草コインコース」を是非読み進めてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「どきどきビット」サイト管理人 しんすけ