ビットコインって何?現金、クレジットカード、電子マネーとのたった1つの違いとは?


こんにちは!「どきどきビット」サイト管理人のしんすけです。

ビットコインがお金というのはなんとなく分かるけど、今すでにあるお金とどう違うのでしょうか。

ビットコインはものすごく便利なものですが場合によっては現金やクレジットカード、電子マネーの方が便利な場合もあります。

要はそれぞれの特徴を理解し使いこなすこと。

クレジットカードや電子マネーがなくても生きて行くには全く問題ありませんが、あった方が便利に暮らせますよね?

私たちに身近なお金である現金やクレジットカード、電子マネーとビットコインがどのように違いどのように便利なのかを解説します。

ビットコインには国や会社のような中央管理者がいない

まずはビットコインと法定通貨・クレジットカード・電子マネーと大きく違う点についてです。

円やドルのような法定通貨は各国の政府が、クレジットカードはカード会社が、電子マネーは電子マネーを発行している会社など、それぞれの組織が主体的に管理しています。

ところがビットコインは主体的に管理している組織がありません

例えば株式会社ビットコインのような会社があって社長、部長、社員が働いてビットコインを運営しているわけではないのです。

ビットコインを考えた人とビットコインを作り上げたプログラマー達により作成されたプログラムがビットコインを管理しています。

一方円やアメリカドルはそれぞれの国の中央銀行が発行し価値を保証しています。

ビットコインには価値を保証している機関はありませんが、発行枚数の限度が決められていることやコピーや改ざんがほぼ不可能であることが価値の保証と同じような働きをしています。

※ビットコインの価値についてはこちらの記事をご覧ください。

円は日本にアメリカドルはアメリカに属しておりそのことをお金に記載しています。

日本のお金を見ると「日本銀行券」と記載されています。

これは日本の中央銀行である日本銀行が発行する、日本の法定通貨(円)であることを示しています。

※日本円の紙幣(日本銀行券)

アメリカドルには「THE UNITED STATES OF AMERICA(アメリカ合衆国)」と「THIS NOTE IS LEGAL TENDER FOR ALL DEBETS, PUBLIC AND PRIVATE(この紙幣は公的及び私的全ての債務に対する法定通貨である)」の文字が記載されています。

※アメリカドル紙幣

日本の中央銀行である日本銀行は円を、アメリカの中央銀行であるFRBはドルを発行することができます。

自国の経済状況に合わせて市場に流通するお金の発行量をコントロールできるのです。

お金の発行量を国をコントロールすると言うことはお金の価値をコントロールすると言うことです。

世の中にたくさん有るものは一つあたりの価値は少なくなり、さほど無いものは一つあたりの価値は上がります。

クレジットカードも電子マネーも結局は法定通貨の形を変えたものなのでこの影響を受けます。

※クレジットカード

※電子マネー

法定通貨とビットコインの違い

法定通貨以外のクレジットカードも電子マネーも主体的に管理する組織が存在します。

そんな中、紙幣や硬貨とビットコインの一番の違いは何でしょう。

言うまでもなく実態が有るか無いかです。

お紙幣や硬貨を財布にたくさん入れると、財布がパンパンになりますよね?

でもビットコインならスマホに1000円分だろうが1億円分だろうがかさばりません。

※22万円入っていても1000円でもスマホアプリであればかさばらない

でもこれってクレジットカードや電子マネーと似たようなものなのでは?と思いますよね?

クレジットカードと電子マネーとの違いについては次の項目で解説します。

スマホを失くしたり故障してしまっても、パソコンや他のインターネットに接続できる端末からウォレットにアクセスできるのでビットコインを紛失する可能性は低くなります。

スマホを操作できる状況で他人に盗まれてしまうなど紛失する可能性はあります。

ウォレットについては様々なものがあります。詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

また現金は目の前にお金を受け取る人や機械がいないと支払いができません。

銀行振込でも相手が銀行口座を持っていないといけませんし、国際送金をする場合は高い手数料と時間がかかります。

ビットコインは目の前に人や機械がいなくとも、受け取る人がスマホなどでウォレットさえ持っていれば世界中に送金することができます。

手数料も安い!と言いたいところですが、ビットコインの手数料は変動します。

時期によっては国際送金手数料と変わらない価格になったこともありますが、アップデートにより改善しつつあります。

クレジットカードとビットコインの違い

クレジットカードはVISAAmerican Expressなどのカード会社が支払い者の代わりに一時的に立て替えて、毎月決まった日に受け取り側(お店など)に支払います。

クレジットカードで支払いとその場で支払いが完了したような感覚になりますが、厳密にはカード会社に借金をしている状態になります。

一方ビットコインで支払う場合は、リアルな紙幣や硬貨の受け渡しをするのと同じようにその場で決済が完了します。

またウォレットに入っている以上の金額での買い物はできません。

これは現金や多くの電子マネーも一緒ですね。

クレジットカードを持っていると多くの現金を持ち歩かなくてもいいですし、海外に行ったときの買い物にも便利です。

体感的にビットコインは海外でも使えるお店は増えてきてはいますが、クレジットカードの普及率に比べるとまだまだです。

特に海外でクレジットカードを使ったことのある人は支払いの時に(スキミングされないかな?)と不安に思うことがあります。

スキミングとはカードに保存されている情報を抜き出し、同じ情報を書き込んだカードを複製されてしまうカード犯罪です。

ビットコインのでの支払いの場合は支払い相手に自分のウォレットから送金できてしまうような情報を渡すことはありません。

電子マネーとビットコインの違い

セブンイレブンで買い物をする時にnanacoがあればポイントも付くし、電車に乗る時にSuicaがあれば切符を買わずに乗降できるので便利ですよね?

電子マネーはカードをかざすだけ支払いが完了するので、QRコードを読み取って支払い確定ボタンを押す作業のあるビットコインの支払いに比べると便利です。

しかしnanacoであればセブン&アイ・ホールディングス、SuicaであればJR東日本の関係店舗でしか使えません。

ビットコインであれば支払い相手がウォレットを持っていれば世界中どこでも送金できます。

2020年の東京オリンピックに向けて訪日外国人が増えると見込まれますが、外国人は日本に来てわざわざ一定の経済圏でしか使えない電子マネーは購入しないでしょう。

でもお店でビットコインが使えるとなるとそこで買い物をする外国人はいるかもしれません。

ビットコイン決済を導入するのは非常にコストも安く簡単なのでオリンピックまでにビットコインを使えるお店が増えてくると予想されます。

家電量販店のビックカメラは2017年からビットコイン決済を導入していますが、主な目的は増え続ける中国人観光客の囲い込みです。

日本で売られている家電を買いたい中国人の中にはビットコインで買いたい人もいるのです。

※ビットコインを使ってビックカメラで決済する様子。
ビックカメラに提示されたQRコードを、自分のウォレットのQRコードリーダーで読み込み支払いボタンをタップすると支払いできる。

実際にビットコインを使ってビックカメラで買い物をした記事はこちらです。

最後に

ビットコインが先進的と言っても将来全てのお金が仮想通貨に変わるわけではありません。いつの間にか生活に溶け込み気がつけば誰もが使っている、そんな感じで増えて行くものと予想しています。

ビットコインが当たり前に使われる世の中になって初めてビットコインに触れるのと今少しでも触っておくのは大きな差になります。

ゼロから1と、1から2はかかる労力が違います。

投資で儲けよう!と思っていなくとも1000円ほど買っておいて値動きを見たり、ウォレットで送金してみたりするだけでもやってみることでゼロから1を経験できます。

②「なんて便利なビットコイン!使い道とは?投資・送金・決済・寄付を解説!」へ進む→

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「どきどきビット」サイト管理人 しんすけ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今からビットコインを買っても遅い?仮想通貨の今後が明るいと断言できる3つの理由

専門用語無し!ビットコインの仕組みとその歴史を5つのステップでわかりやすく解説!

なぜビットコインに価値があるの?お金の歴史と3つの機能から仮想通貨を解説

みんなどうやってるんだろう?ビットコインを入手する3つの方法について解説!

なんて便利なビットコイン!使い道とは?投資・送金・決済・寄付を解説!