余剰資金で億り人!仮想通貨投資の資金はいくらから?1000円でもチャンスはある!

しんすけ

しんすけ

こんにちは!「どきどきビット」サイト管理人のしんすけです。

「仮想通貨投資に一体いくら投資したらいいんだろう?」

「千円、1万円じゃちょっと増えてもインパクト無いかな?5万円くらいかな?それとも10万円?50万円はちょっと多いかな?」

「億り人ってどれくらいの元手が億になったんだろう?」

始める前はイメージがつかめませんよね?

仮想通貨投資で1億円以上の資産を手に入れた人を億り人(おくりびと)、10億円以上を手に入れた人を自由億(じゆうおく)と呼びます。

なれるもんならなってみたい・・・。

ちなみに2017年に仮想通貨で億り人になった人は300人を超えるそうです。

でも一体何にいくら投資したらそんな数字になるんでしょう?

1万円が1億円になるには1万倍、ということは10万円だと1000倍です。

そしてこれらの倍率を達成した仮想通貨は実際にあるのです。

未来のことは分かりませんが、将来数百倍、数千倍になる仮想通貨はどこかに眠っている可能性は十分にあります。

闇雲に投資するのではなく「もしこの仮想通貨が○○倍になったら1億円^^」なんて考えながら投資するのも楽しいですよ!

本記事では2017年の仮想通貨の値動きから億り人が誕生する元手はどれくらいなのかを逆算し、そこから仮想通貨にいくら投資すべきなのかを考えてみます。

※本記事では税金を考慮に入れておりません。
仮想通貨の税金に関しては税務署にお問い合わせください。

まずは鉄則。仮想通貨投資は余剰資金と自己責任!

仮想通貨に限らず投資は余剰資金と自己責任で行うものです。

余剰資金とはすぐになくなっても生活に困らない金額。

生活資金と緊急事態に使うお金とは別のお金です。

この金額は人によって違うと思いますのであなたの余剰資金がいくらかちゃんと見極めてくださいね。

私の場合は仮想通貨に投資しているお金が直ちに全てなくなったとしても半年以上は経済的に困ることは無い金額を投資しています。

全て無くなるとなると精神的にはかなり凹むでしょうが・・・。

また投資は損をしても誰にも文句は言えません。

リスクを取らなければチャンスも得ることができないので元手を割り込む可能性があることも覚悟しておかなければなりません。

2017年に仮想通貨投資を始めて億り人になった人の元手はいくら?

2017年の仮想通貨の値動きから1億円にたどり着く元手を逆算していきます。

過去に学び投資に活かしましょう!

2017年 bitFlyer取り扱い銘柄の値動き

2017/1/1
(USD)

2017年
最高値
(USD)

1/1 対比
倍率
(倍)

2017/12/31
(USD)

1/1 対比
倍率
(倍)

BTC

963.66

19,758.20

20.50

12,952.20

13.44

ETH

7.98

877.25

109.93

717.26

89.88

ETC

1.41

47.03

33.35

26.92

19.09

LTC

4.33

366.19

84.57

218.96

50.57

BCH

412.58

4,006.11

9.71

2,392.41

5.80

MONA

0.02

18.66

780.62

9.25

386.96

※年始はbitFLyerではMonacoinを取り扱っておらず、Zaifでは取り扱っていた。※Coinmarketcap参照
※Liskは2018年1月上場のため非掲載。

仮に底値で拾って高値で売るという一番楽しい状況を想定すると、ビットコインだったら年始に500万円、イーサリアムだったら100万円弱、モナーコインだったら13万円弱で1億円到達です。

13万円はちょっと現実味がありますね。

以下はbitFlyerで扱っている銘柄の年間の値動きです。


※出典元:Coinmarketcap

 

「年始にMonacoinを買っていれば・・・」

まあ、そんなことを言っても現実は変わらないのですが・・・。

今のところ早く始めた人が有利な展開ですがこれから先のことは誰にも分かりません。

今始めたらいついくらになるかは分かりませんが、今からでも他の投資では得られないリターンを得られる可能性は十分にあるのではないかと考えています。

これらの値動きを判断材料の一つとしてあなたの投資金額を余剰資金の中から決めてみてください。

2017年 他の仮想通貨の値動き

bitFlyer以外の取引所で扱っている仮想通貨も見てみましょう。

NEM(XEM)とRipple(XRP)は日本の取引所でも扱っていますがその他の3つは海外の取引所でしか扱っていません。

2017/1/1
(USD)

2017年
最高値
(USD)

1/1 対比
倍率
(倍)

2017/12/31
(USD)

1/1対比
倍率
(倍)

NEM(XEM)

0.003676

1.1100

302

0.927

252

Ripple(XRP)

0.006523

2.7400

420

2.160

331

Verge(XVG)

0.000019

0.2632

13851

0.142

7478

Experience Points(XP)

0.0000000441

0.0011

25102

0.001

25102

Stellar(XLM)

0.002464

0.3529

143

0.317

129

Coinmarketcap参照

コインチェックの盗難事件でビットコインの次に有名な仮想通貨になったNEMは最大で302倍。33万円が1億円になる計算です。

VergeやExperience Pointsになると1万倍、2万倍で元金が1万円未満でも1億円に到達します。

「もし1万円でも買っていればな〜」という感じですね。

まあ上がるのが分かっていたら誰もが借金してでも買うんですが・・・。

以下は上記の表にある仮想通貨の2017年の値動きです。


※出典元:Coinmarketcap

その後2017年12月中旬に暴落が起こり、2018年1月26日に発生したCoincheckの仮想通貨盗難事件やテザー社のビットコイン市場操作疑惑に起因するとみられる暴落が起こったため、2017年12月に参入した方は大変だったと思います。

でも2月6日現在の価格はほんの2~3ヶ月前に戻っただけなんですよね。

12月の高騰がいかに異常だったかということだと思います。

大きな金額の投資に抵抗があればZaifの積立コイン

それでも最初に大金を投入するのに抵抗があるという場合は積立投資を検討しましょう。

Zaifであれば月1,000円から投資ができます。

最初は大きなリターンが期待できなくても継続は力。

数年経った時に大きく化けている可能性はあります。

Zaifコイン積立の設定方法はこちらから。

最後に

余剰資金以外は使わない!

繰り返しでくどいかもしれませんが本当に大事なことなので今一度お伝えします。

相場が上がり調子の時に人は買いたくなります。

仮想通貨投資を始めるとこの心理状態を経験すると思います。

「儲かったらいいんだろ!」という気持ちになって余剰資金以外のお金を投資に回すのはやめましょう。

また似たような状態で一定金額儲かったら、「もっと買っとけばよかった!」という心理になります。

そうなるとまだ値上がりしていない仮想通貨を狙ってさらに資金を追加したくなります。
相場は上がれば必ず下がります。

そのタイミングと上げ下げの幅は誰にも分かりません。

私は2017年9月にビットコインが約40%下がるという事態に遭遇しました。

余剰資金でも大切なお金が減っていくのを目の当たりにするのは精神がすり減ります。

余剰資金以外を投資していればおそらく夜も眠れず、仕事も手につかなくなるかもしれません。

余剰資金で楽しく仮想通貨投資をしましょう!

⑤大手の安心感ビットフライヤー(bitFlyer)!その評判や口コミ、メリットとデメリットは?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「どきどきビット」サイト管理人 しんすけ

セキュリティに信頼の置ける取引所

Liquid:100%インンターネットから隔離された環境で顧客資産を管理

GMOコイン:証券で金融キュリティ経験豊富

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮想通貨を安く買える取引所!Zaif(ザイフ)の評判や口コミ、セキュリティは?

100%避けられるリスクを知ろう!仮想通貨(ビットコイン)投資 3つの危険と対策

大手の安心感ビットフライヤー(bitFlyer)!その評判や口コミ、メリットとデ...

仮想通貨にはどんな種類があるの?ビットコイン、アルトコイン、トークン、草コインの...

必ず理解しよう!仮想通貨を保管するウォレットの3種類の違いと使い分け

仮想通貨投資を始めた後、あなたに起こること