ザフトがもらえるZaif(ザイフ)のキャンペーン!仮想通貨ZAIFトークンの将来性、買い方や使い道とは!?

しんすけ

しんすけ

こんにちは!「どきどきビット」サイト管理人のしんすけです。

仮想通貨取引所であるZaif(ザイフ)が新規口座開設者に仮想通貨「ZAIFトークン」を100個プレゼントするというキャンペーンを展開します!

口座開設の費用はもちろん無料!

Zaifはテックビューロ株式会社が提供する仮想通貨取引所。

Zaifはマイナス手数料、コイン積立、他社での取り扱いの少ない仮想通貨(トークン)を取り扱うなど独自のサービスを展開しています。

そのZaifの特色の一つとも言えるのが、自社の仮想通貨(トークン)であるZAIFトークンを発行していることです。

ZAIFトークンは略してザフトとも呼ばれています。

取引所としてのZaifは頭文字のみ大文字、ZAIFトークンは全て大文字との使い分けがされています。

ZAIFトークンはZaifでしか購入することができず、Zaifが成長するにつれて価値が上昇する可能性が高い仮想通貨です。

本記事ではZAIFトークンとは何なのか、なぜ価値が上がると期待されているのか、またZaifのアプリを使ってZAIFトークンを購入する方法を解説します。

※取引所としてのZaifは頭文字以降小文字、ZAIFトークンのZAIFは全部大文字で表記します。

 

        Zaif公式ホームページ                  

※スマホでZaifの口座開設する方法はこちら
※Zaifについての詳しい解説はこちら

ZAIFトークン プレゼントキャンペーンとは

6月19日にZaifより以下のメールが届きました。

ということで早速紹介していきましょう!

このキャンペーンはこちらから口座開設を行い本人確認まで済ませると、Zaifに新設した自分のアカウントに100ZAIFトークンが入るというものです。

ZAIFトークンとは仮想通貨の取引所であるZaifが発行する企業トークン(仮想通貨)です(詳細は次の項目以降で解説します)。

100ZAIFトークンとはいくらか確認するためにチャートを見てみましょう。

※Zaifスマホアプリで見たZaifの価格

1ZAIFトークンは0.6円。

よって100×0.6=60円ですね。

ここだけ見るとキャンペーンは「口座登録して本人確認まで済ませたら日本円換算(6月19日現在のレート)で60円分のZAIFトークンをあげるよ!」ということです。

しかし仮想通貨の価格は24時間365日大きく変動していますので、今日は60円でも明日は50円や70円になっているかもしれません。

日本円換算すると大きな金額ではありませんが、ZaihはこれをきっかけにZaifとZAIFトークンに興味を持ち仮想通貨投資をする人を増やしたいのですね。

ではこのキャンペーンでZaifトークンをもうちょっと頑張った金額で購入したとして利益が出るのでしょうか。

ここでZAIFトークンの過去の価格を見てみましょう。

スマホ画面だとちょっとチャートが長くなるので今回はパソコン画面にします。

チャートで確認できた2017年の最高額は12月17日の4.3円でした。

仮想通貨元年と言われた2017年のバブル絶頂期ですね。

もし4.3円だったら100×4.3=430円です。

Zaifの口座開設の作業は20分もかかりませんので20分で430円だったらやってもいいかもしれませんね。

ちなみにZAIFトークンがZaifに上場した直後は5円を超えました。

でもこの記事を書いている6月19日は0.6円なので誰がなんと言おうと日本円換算で60円です。

海外の取引所がトークン(仮想通貨)を発行する場合は、その取引所内で仮想通貨を購入すると割引が適用されるなどなんらかの付加価値がつけられているのですが、ZAIFトークンは今の所Zaifで売買するしか使い道がありません。

しかし私はこの状況こそがZAIFトークンの価格が上昇する根拠だと思っています。

これからZaifは自社のサービスでZAIFトークンを使えるようにする可能性が高いので、そのようなサービスが出てくるたびに価格が上昇する可能性があります。

まだ使い道がほとんどないので伸び代しかないのです。

もしかしたら鳴かず飛ばずで終わる可能性もあるのですが、少なくとも私は今後Zaifが様々なサービスで使えるようにするなどして使い道を増やしその度に価格は上がると思っています。

私を含め今ZAIFトークンを中長期保有している人の多くは数年持っていてそのうち大きく上がることを期待しているのです。

このキャンペーンを利用すると無料で仮想通貨(ZAIFトークン)を保有することができますので、興味があればこの機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

口座開設は無料、本人確認書類のアップロードを行い簡易書留のハガキを自宅で受け取って100ZAIFトークンがもらえます。

本人確認のためには免許証やパスポートなどが必要です。

口座開設の作業自体は20分程度で完了し、その後1週間程度で自宅に簡易書留のハガキが届きます。

100ZAIFトークンの値動きを見て仮想通貨に興味を持ったのであれば、お金を追加して更にZAIFトークンを買うのも良し、他の仮想通貨を買うのも良しです。

Zaif公式ホームページ

※スマホでZaifの口座開設する方法はこちら
※Zaifについての詳しい解説はこちら

しんすけ

しんすけ
価格が上がり始めてみんなZAIFトークンを欲しがると新規口座申し込みが殺到してすぐに口座が開けなくなることがあります。

時間の余裕があるうちに口座開設を完了しておくことをおすすめします!

【キャンペーン概要】
2018年6月20日から新規口座開設して本人確認が完了した人に対して100ZAIFトークンが配られます。

【対象者】
以下の期間で新規登録を行い、かつ本人確認が完了された方
新規登録対象期間:
2018年6月20日(水)0時0分0秒〜8月31日(金)23時59分59秒
本人確認完了締切日:
9月30日(日)23時59分59秒
※新規登録後、本人確認完了までは約1週間かかります。

【配布トークン(仮想通貨)】
一人につき100ZAIFトークン

【トークンプレゼントスケジュール予定】
2018年6月20日〜7月末までに本人確認を完了→8月末頃配布
2018年7月末〜9月末までに本人確認を完了→10月末頃配布

【注意事項】
本人確認完了とは改正資金決済方に基づく、郵送による本人確認の実施を指します。
トークンについては一人につき一度のみの受取りが可能です。また、法人口座を開設の場合は今回のキャンペーンの対象外となります。
受取り・確認方法については付与時に連絡があります。

Zaifトークンの価格をアプリで確認してみよう!

まずアプリをダウンロードします。

※i phoneの場合はこちらからダウンロードしてください。
※Androidの場合はこちらからダウンロードしてください。

1.1.1

「Zaif」を選択します。

 

1.1.2

「Zaif」を選択します。

 

1.1.3

下にスクロールします。

 

1.1.4

「ZAIF/JPY」を選択します。

価格の確認だけであればこの画面で十分です。

 

1.1.5

「トレード」を選択します。

 

1.1.6

チャートを確認できます。
指でチャートをスワイプスると過去の価格も確認できます。
アプリでは少々見えにくいのでパソコンの方がより分かりやすい画面になります。

 

1.1.7

ログインしないと注文できないのでご誤発注することはありません。

Zaifとは

Zaifとはテックビューロ株式会社が運営する仮想通貨交換業者で金融庁へも登録済みです(こちらで確認できます)。

テックビューロとは

テックビューロは暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアサービスを開発している会社です。

暗号通貨とは仮想通貨のこと、ブロックチェーンとは仮想通貨の根幹にある技術のことです。

主な事業は以下の3つですが、仮想通貨投資のみを行うのであればZaif以外のサービスに触れることは少ないでしょう。

  • 仮想通貨取引所「Zaif」
  • プライベートブロックチェーン「mijin」
  • ICOプラットフォーム「COMSA」

他にも電気料金の高い日本では難しいとされている仮想通貨を採掘する事業であるマイニングをテクノロジーでカバーしようとしています。

マイニングに関する記事はこちらです。

テックビューロのCEOの朝山貴生氏はNEM財団の理事も務めるなど仮想通貨界では超有名人。

仮想通貨投資を行うのであれば朝山貴生氏のツイッターはフォローしておきましょう。

こちらのブログでは朝山氏が2018年新年の挨拶でZAIFトークンにも触れています。

Zaifは他の取引所とは一味違う事業を展開しており、その一環であるZAIFトークンはそのうち存在感が増してくるのではと感じています。

テックビューロのホームページはこちら

Zaifのメリット

  • 仮想通貨の取り扱い数は国内の取引所で最大の16種類
  • マイナス手数料のサービスを展開しており国内最安値で仮想通貨を買える場合がある
  • 積立で仮想通貨を購入できる

仮想通貨の取り扱い数は国内の取引所で最大の16種類

Zaif以外の日本の取引所は多くても10種類も扱っておらず、時価総額の高いものばかりです。

その点Zaifは時価総額の低い仮想通貨を他の日本の取引所と比べて多数扱っており、伸び代が期待できる仮想通貨もあります。

その中でもZAIFトークンは世界的に見ても先行的に発行された企業トークンで今後が期待されます。

Zaifの扱う時価総額の低い仮想通貨はちゃんと金融庁の認可をもらっています。

以下はZaifが取り扱う仮想通貨の一覧です。

  • Bitcoin(BTC)
  • Nem(XEM)
  • Ethereum(ETH)
  • Monacoin(MONA)
  • Bitcoincash(BCH)
  • ZAIFトークン(ZAIF)
  • Counterparty(XCP)
  • Bitcrystals(BCY)
  • StorjcoinX(SJCX)
  • Fiscocoin(FSCC)
  • Pepecash(PEPECASH)
  • Caicacoin(CICC)
  • NCXC(NCXC)
  • Zen(JPYZ)
  • CMS:ETH
  • CMS:XEM

マイナス手数料のサービスを展開しており国内最安値で仮想通貨を買える場合がある

またこれらの仮想通貨を売買するとするほど手数料がもらえるマイナス手数料というサービスも展開しています。

仮想通貨の購入価格はどの取引所も常に変動していますのでどこかの取引所がいつも最安値ということはあり得ませんが、Zaifは価格を確認すべき取引所です。

ZAIFトークンはZaifでしか取り扱いがないので他の取引所では購入できません。

積立で仮想通貨を購入できる

Zaif積立コインは毎月一定の金額分の仮想通貨を購入するサービス。

いきなり大きな金額をつぎ込むのに抵抗がある、売買が面倒という人に向いているサービスです。

Zaifのデメリット

  • サーバーダウンが起こる
  • アプリが使いにくい

サーバーダウンが起こる

Zaifはサーバーがダウンする現象が度々確認されています。

サーバーがダウンしてしまっては売買どころかほぼ全てのサービスが受けられません。

最も恐ろしいのは大暴落が起きているときに売りたいのに売れない状況が考えられることです。

また逆に買いたいのに買うことがでいないことも考えられます。

アプリが使いにくい

アプリはbitFlyerやcoincheck(2018年6月19日現在みなし業者)に比べると使いにくいです。

仮想通貨投資を始めたいけれどZaifのアプリやパソコン画面がわからないという場合はbitFlyerで初めてみてもいいかと思います。

Zaifに関する詳しい情報はこちらの記事にまとめています。

ZAIFトークンとは

ZAIFトークンとはZaifだけで取り扱っている仮想通貨(トークン)であり今の所使い道は投機しかありませんが、今後ZaifがZAIFトークンを使用できるサービスを開発したりZaifの知名度や社会的価値が向上するとZAIFトークンの価値が上昇するかもしれないという期待が持たれています。

  • 使い道は投機のみ
  • 将来価格が上がると思っている人は買っている

仮想通貨におけるトークンに定義はありませんが、ビットコインなど既存の仮想通貨をベースに作られた仮想通貨のことを指すのが一般的です。

トークンはいうなれば仮想通貨の子供のような存在です。

ZAIFトークンはカウンターパーティという仮想通貨を元に発行されています。

【Zaifトークン概要】
通貨単位:ZAIF
最大供給量:90億
公開日:2016年7月
取扱
取引所:Zaif
※90億枚のZAIFトークンが発行されていますがその1/4はテックビューロによりロックアップ(保有)されています。

 

ZAIFトークンの将来性

CMや独自性の高いサービス、革新的な事業が注目されることによりZaifユーザーが増えZAIFトークンの価値が上昇することが期待できます。

2018年2月16日に剛力彩芽さん出演のCMが公開されたことによりZaifの知名度は向上しました。

これによりZaifを利用して新しく仮想通貨市場に参入する人が増えるので必然的にZAIFトークンにも注目が高まると思われましたが、2018年6月19日現在は仮想通貨全体の値動きが良くない状況です。

Zaifトークンは半年ぶりくらいに0.5円台まで下落しました。

私は2017年にZaifトークンが0.6円の時に30万円分購入し、その後最大7倍になりましたが中長期投資だったので販売せずにそのまま持っています。

あの時売っていればと思わないわけではありませんが、都合の良いところで売買できるほどトレードは甘くありません。

あくまで私は中長期目線。

6月19日の価格が底であると確信が持てたら買い増す予定です。

ZAIFトークンの使い道拡大による価値上昇の可能性

2018年6月現在ZAIFトークンの主な使い道は投機しかありませんが、将来的にZaifが様々なサービスで利用できるようにしてその度に価格が上昇する可能性があります。

海外の仮想通貨取引所であるバイナンスは自社のトークンであるバイナンスコイン(Binance Coin/BNB)を発行しており、クーコインでもクーコインシェアーズ(KuCoin Shares/KCS)を発行しています。

バイナンスコインを使用してバイナンスで取引すると取引手数料が半額になる、クーコインを保有していると保有量に対して配当を受け取ることができるなど、ユーザーにメリットがあるため価値が上昇しています。

ZAIFトークンも今後Zaif内で同じようなサービスを提供すると欲しがる人が多くなり価値が上昇することでしょう。

ZAIFトークンの購入方法

ZAIFトークンを購入するためにはまずZaifの口座を開設する必要があります。

開設がまだの場合はこちらからどうぞ。

※スマホでZaifの口座開設する方法はこちら
※Zaifについての詳しい解説はこちら

ログイン

ログイン作業に慣れている場合は飛ばしてください。

まずアプリをダウンロードします。

※i phoneの場合はこちらからダウンロードしてください。
※Androidの場合はこちらからダウンロードしてください。

4.1.1

「Zaif」を選択します。

 

4.1.2

「Zaif」を選択します。

 

4.1.3

「メニュー」を選択します。

 

4.1.4

「ログイン」を選択します。

 

4.1.6

メールアドレスとパスワードを入力します。

 

4.1.7

「ログイン」を選択します。

 

4.1.8

指定された写真を選択します。

※指定される写真は毎回変わります。

 

4.1.9

「確認」を選択します。

Zaifトークンの購入

Zaifに限らず取引所の中には販売所と取引所があります。

販売所は取引所と比べると割高で売買することになりますがいつでも売買できます。

一方取引所は販売所より割安で売買できますが、取引所に集まっているユーザー同士で売買することになりますので値段や数量が一致せず売買が成立しない可能性があります。

販売所と取引所の違いについてはこちらの記事にまとめています。

Zaifトークンは取引所で購入することになり、今回は成行で購入する方法を解説します。

取引所での購入方法は成行と指値があります。

成行:値段を指定せずに注文する。買いの場合は注文時に購入可能な最も安い価格で、売りの場合は注文時に売却なのうな最も高い価格で売買が成立する。

指値:売買する値段を指定する。

4.2.1

「メニュー」を選択します。

 

4.2.2

「アカウント」を選択します。

 

4.2.3

下にスクロールします。

 

4.2.4

「トークン」を選択します。

 

4.2.5

下にスクロールします。

 

4.2.6

「成行」を選択します。

 

4.2.7

「使用残高」を選択します。

※数量の欄に数値を手入力しても構いません。

 

4.2.8

「100%」を選択します。

※他の%を選択しても構いません。

 

4.2.9

「買い注文」を選択します。

 

4.2.10

注文が受け付けられた旨が表示されます。

 

最後に

2017年末あたりから単価が安かったり、時価総額の低い仮想通貨に注目が集まっています。

単純に他の仮想通貨よりも安いため伸び代があると思われるのでしょう。

その中でもZAIFトークンは運営会社であるテックビューロのユニークな経営戦略に基づいて発行されているため、私は将来性を感じ0.6円の時に30万円分購入しました。

2017年には約7倍になる場面もありましたが6月19日現在は元の0.6円。

短期の値動きは気にせず更に上がるものと期待して数年は持っておくつもりです。

Zaif公式ホームページ

※スマホでZaifの口座開設する方法はこちら
※Zaifについての詳しい解説はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「どきどきビット」サイト管理人 しんすけ

セキュリティに信頼の置ける取引所

Liquid:100%インンターネットから隔離された環境で顧客資産を管理

GMOコイン:証券で金融キュリティ経験豊富

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

爆上げ期待!カウンターパーティ(XCP)をZaifでの購入方法と将来性を3つのポ...

1年で最大793倍!ホルダーが語るモナコインに将来性を感じる3つのポイント