安全に保管しよう!ハードウォレットTREZOR(トレザー)の使い方〜初期設定、リカバリー、送金〜

しんすけ

しんすけ

こんにちは!「どきどきビット」サイト管理人のしんすけです!

仮想通貨投資をやっていると気になるのがセキュリティ。

過去には日本でもMT.GOXやCoincheckのユーザーが仮想通貨資産を失う事件がありました。

仮想通貨は分散管理が必須です。

その分散管理の一つとして有効なのがハードウォレットTREZOR。

実際にTREZORを買って初期設定、リカバリー、TREZORへの送金をしてみましたので解説します!

ハードウォレットは仮想通貨投資をする上で必須のアイテム!

MT.GOXやCoincheckのようなハッキング事件も怖いですが、twitterで仮想通貨関係の人をフォローしているとたまに取引所のアカウントを乗っ取られて勝手に送金されていた、という投稿を見かけたりもします。

ホットウォレットに仮想通貨資産を預けておくのは常に不正アクセス(ハッキング)やウィルス感染のリスクにさらされていることになります。

各取引所の補償体制はまだ十分に整っておらず、自己防衛が一番有効な仮想通貨資産を守る手段です。

頻繁に売買するのであれば取引所に置いておかなければなりませんが、中長期保有するのであればオフラインを含む複数箇所に分散管理しておくことをおすすめします。

オフラインではインターネットを通じて盗まれる可能性は極めて低くなります。

その代わりハードウォレット のPINコードやリカバリーシードを忘れると仮想通貨資産を取り出せなくなることもありますので注意が必要です。

仮想通貨を管理する正しい方法を身につけて自己管理しましょう。

TREZOR初期設定

ハードウォレット 「TREZOR」を2つ公式サイトで購入しました。

一つは仮想通貨の保管用、もう一つは万が一仮想通貨を保管したTREZORを紛失した際にリカバリーするためです。

TREZOR到着

TREZORは公式サイトで購入しました。

amazonなどでも売ってはいますが私は公式サイトが一番安心できると思っています。

日本に正規代理店もあるようです。

2.2.1

DHL(国際配送業者)で到着。

 

2.2.2

TREZORの表面(左)と裏面(右)です。

ビニールで密封、封印シールで封印されていることが確認できます。

 

2.2.3

封印シールを剥がすと、剥がした跡が残ります。

 

2.2.4

一つの箱につき以下のものが入っています。

※左端のラムネは大きさ比較のためのものでTREZOR同封物ではありません。

アプリインストール

ハードウォレット 「TREZOR」の初期設定を説明します。

2.2.1

こちらにアクセスすると以下の画面が現れます。

「財布」を選択します。

 

2.2.2

「Install Extension」を選択します。

 

2.2.3

「CHOMEに追加」を選択します。

 

2.2.4

「アプリを追加」を選択します。

 

2.2.5

「TREZOR Extension」を選択します。

PINコード設定

2.3.1

TREZORをパソコンに接続します。

 

2.3.2

TREZORに付属しているケーブルを使用して接続します。

パソコン画面に「Welcome to TREZOR Setup!」と表示されます。

 

2.3.3

TREZORの名前を決めます。

日本語でも英語でも構いません。

ご自分の名前でも好きな食べ物でもお好きな名前を設定してください。

 

2.3.4

TREZORの名前を決めたら「Continue」を選択します。

 

2.3.5

PINコードの設定に移ります。
9つの点が表示されたらTREZORに数字が表示されます。
なるべく8桁以上で強固なPINコードにすることをおすすめします。

PINコードは今後TREZORを使用するたびに入力する番号です。
PINコードは他人に知られないよう、また自分で忘れないようにしましょう。

 

2.3.6

TREZORに数字が表示されます。

 

2.3.7

例としてPINコードを「74658231」に設定するとします。
TREZORに表示されている「7」は真ん中の一番上なので、PCに表示されている真ん中の一番上の点をクリックします。
これで「7」が入力されます。
同じ要領で決めた数字を入力していきます。

 

2.3.8

数字を入力し終わると「Enter」を選択します。

 

2.3.9

確認のためもう一度同じ要領で先オド入力した番号を入力します。
この時TREZORの表示されている数字の配列が変わっていますので、間違えないようにTREZORを確認しながら数字をクリックし、入力が完了したら「Enter」を選択します。

Recovery seed(リカバリーシード)の記録

2.4.1

PINコードの設定が完了するとリカバリーシードの記録に移ります。
TREZORに24個の英単語が順番に表示されるのでそれをかみに写し書きます。

リカバリーシードはTREZORが壊れた時や紛失した時に、仮想通貨資産を取り出すために必要なものです。
これをなくすと永遠に仮想通貨資産を取り出せなくなってしまうこともあり得ます。
また他人に渡すと仮想通貨資産を盗まれる可能性もあります。
正確に紙などオフラインの媒体に記録し厳重に保管をするようにしてください。

 

2.4.2

TREZORに一つ目のリカバリーシードが表示されますので紙に記録します。

 

2.4.3

リカバリーシードを記録するための専用しがTREZORに不足していますのでこれに書き留めても良いでしょう。
知っている人が見たら一目でTREZORのリカバリーシードとわかってしまうので他の紙などに記録してもいいかもしれません。
写真などデジタルで保管するのはやめておきましょう。

 

2.4.4

一つ記録したらTREZORの右下のボタンを押します。
次の単語が出てくるので、それを記録します。
全部で24個のリカバリーシード(英単語)を記録します。

 

2.4.5

24個のリカバリーシードにたどり着くと「again」を表示されますので、TREZORの右ボタンを押し「again」を選択します。

 

2.4.6

もう一度確認のため、同じリカバリーシードが1から24まで表示されますので、先ほど記録したリカバリーシードが間違いないか確認してください。

 

2.4.7

24個目のリカバリーシードにたどり着くと「Finish」と表示されますので右ボタンを押して「Finish」を選択します。
これでリカバリーシードの記録は終わりです。

 

初期設定完了

2.5.1

パソコン画面に「Success」と表示され初期設定が終了したことが分かります。

 

2.5.2

「go to TREZOR Wallet」を選択します。

2.5.3

TREZORとパソコンのウォレット画面に最初に決めたTREZORの名前が表示されます。

 

補足

「 USED in other window」が表示されると他のウィンドウでTREZORが開いているということなので、これを閉じる。

メールアドレス設定

2.6.1

「Add email in 30 seconds.」を選択します。

 

2.6.2

メールアドレスを入力し、Regulationの内容を確認し問題がなければチェックを入れます。

 

2.6.3

「Continue」を選択します。

 

2.6.4

「Continue」を選択します。

 

2.6.5

「Finish」を選択します。

 

2.6.6

設定完了です。

 

TREZORリカバリーの手順

ハードウォレットを購入して初期設定が完了!

さあ仮想通貨を送金して保管しよう!

ではなくまずリカバリーのテストを行っておきましょう!

リカバリーテストを最初に実施しておくことで、後々やってくるリカバリーをしなければいけない時に落ち着いて実施することができます。

リカバリーはTREZORのアップデート、TREZORの故障や紛失時に実施することがあります。

そしてリカバリーのタイミングはいきなりやってきます。

私は最初にハードウォレットを購入した時は(これだけ入念に24個のリカバリーフェーズを記録したから大丈夫だろう!)と思いリカバリー作業をしませんでした。

するとハードウォレットのアップデートのタイミングで仮想通貨をハードウォレットに入れたままリカバリーする必要が出てきました。

もし記録したリカバリーフェーズに間違いがあれば仮想通貨は二度と取り出せません。

こうなるとハードウォレットに入れている仮想通貨を他のウォレットに移してからリカバリーするしかありません。

このような事態にならないためにも初期設定を行ったら、少額の仮想通貨をハードウォレットに送金してリカバリーすることをおすすめします。

リカバリーフレーズを忘れると仮想通貨を永遠に取り出せなくなる可能性があります。

私は紙やUSBなどで複数に記録し、複数の場所に保管しています。

パソコンやスマホに保管するとウィルスやハッキングの可能性が捨てきれないので必ずオフラインで保管しましょう。

TREZORの起動

3.1.1

「TREZOR Extension」を選択します。

 

3.1.2

「go to TREZOR Wallet」を選択します。

 

3.1.3

この画面になったらTREZORをパソコンに接続します。

 

3.1.4

PIN CODEを入力します。

 

3.1.5

「Enter PIN」を選択します。

 

3.1.6

TERZORの管理画面が表示されます。

TREZORの消去

3.2.1

TREZORの名前の部分を選択します。

※予めLitecoinを0.01LTC入れています。このウォレットを消去し、無事にリカバリーできたら0.01LTCを確認できます。

 

3.2.2

「Advanced」を選択します。

 

3.2.3

下にスクロールします。

 

3.2.4

「端末を消去する」を選択します。

 

3.2.5

TREZOR本体で「Confirm」を選択します。

 

3.2.6

TREZORをパソコンから外します。

TREZORのリカバリー

3.3.1

TREZOR管理画面に戻り、TREZORをパソコンに接続します。

 

3.3.2

「Recover wallet」を選択します。

 

3.3.3

「Continue」を選択します。

 

3.3.4

TREZOR本体に表示された指定のリカバリーフェーズを入力します。

24個の英単語の中から、何番目かの単語を入力するよう指示が出ますので、順番に入力していきます。数分の時間がかかります。

 

3.3.5

この画面が出たらリカバリー成功です。

 

3.3.6

Litecoin(LTC)のトランザクション履歴(送金履歴)も確認できます。

その他設定

TREZORの名前決定

3.4.1.1

「Name your TREZOR in 1 minute.」を選択します。

 

3.4.1.2

「Continue」を選択します。

 

3.4.1.3

TREZORにつける名前を記入し「Confirm to continue」を選択します。

 

3.4.1.4

「Continue」を選択します。

 

PIN Codeの設定

3.4.2.1

TREZOR本体で「Confirm」を選択します。

 

3.4.2.2

PIN Codeを決めて入力します。

PIN Codeを忘れないよう紙などオフラインに記録し保存することをおすすめします。

 

3.4.2.3

「Enter PIN」を選択します。

 

3.4.2.4

先ほど入力したPIN Codeをもう一度入力します。

 

3.4.2.5

「Enter PIN」を選択します。

 

3.4.2.6

「Continue」を選択します。

メールアドレス、SNS等設定

3.4.3.1

メールアドレスを入力し、下記事項の内容を確認し問題なければチェックを入れて「Continue」を選択します。

 

3.4.3.2

「Continue」を選択します。

※TREZORをフォローしたいのであればフォローします。

 

3.4.3.3

「Finish」を選択します。

CoincheckからTREZORにBitcoin Cashを送金

仮想通貨の送金ってちょっと緊張しませんか?

特にBitcoinとBitcoin Cashは名前が似ていることから送金ミスが発生し、仮想通貨を紛失してしまう事例が報告されています。

手順自体は難しくないのですがケアレスミスをしないように気をつけましょう![/chat]

Bitcoin Cashを送金する際に一番気をつけなければならないのは、相手のアドレスが間違いなくBitcoin Cash用のアドレスであることを確認することです。

「あれ?アドレス合ってるのに着金しない!?」

と思いよくみてみるとBitcoin CashのアドレスからBitcoinのアドレスに送っていたことが判明し紛失確定・・・。

いわゆるセルフゴックスです。

こんなことにならないようにどの仮想通貨のアドレスなのかを間違わないように気をつけましょう!

初心者の頃は慎重になるのでミスをすることがないのですが、一番怖いのは慣れてきた頃。

送金ミスはどこも責任を取ってくれないどころか文句をいうところもありません。

特に大きなお金を送金するときはテスト送金を行うなど慎重に行いましょう。

送金の手順はスマホに慣れたほとなら難しいことはありませんが、本当に怖いのは慣れた頃のケアレスミス。

分散管理のために送金したら無くなりましたではシャレになりませんが、BitcoinとBitcoin Cashのアドレス間違いによるセルフゴックスは実際に起こっているようです。

送金の時は緊張感を忘れないようにしましょう。

TREZORの起動

最初はTREZORを接続せずにアプリを起動しましょう。

私の経験上、TREZORを接続したままアプリを起動しても、起動後TREZORを認識せずつなぎ直す必要があります。

4.1.1

パソコンを起動しGoogleChomeで「 TREZOR Extension」を選択します。

 

4.1.2

「go to TREZOR Wallet」を選択します。

 

4.1.3

この画面が出たらTREZORをパソコンに接続します。

 

4.1.4

PIN CODEを入力します。

 

4.1.5

TREZOR本体に表示された数字の場所をパソコン画面で選択します。

入力が終わったら「Enter PIN」を選択します。

 

4.1.6

TERZORの画面が表示されます。

TREZERでBitcoin Cashのアドレスを確認

CoincheckのアプリでBCH送金時にQRコードを使用して送金する方法が見当たらなかったのでアドレスをコピーする方法を取りました。

他の取引所やウォレットのアプリはQRコードを読み込んで送金する方法があると思われます。

4.2.1

「Bitcoin(BTC)」を選択します。

 

4.2.2

「Bitcoin Cash(BCH)」を選択します。

 

4.2.3

注意事項を確認し「Confirm」を選択します。

 

4.2.4

「受信」を選択します。

 

4.2.5

「Show full address」を選択します。

 

4.2.6

Bitcoin Cashのアドレスが表示されるのでコピーします。

BCHのアドレスをコピー&ペーストできるよう、スマホで受信できるメールアドレスにコピーしたBCHアドレスを送信します。

※今回はQRコードを使用しませんが、QRコードを憑依させる場合はこの段階でTREZOR本体に表示されている「QR CODE」を選択(左のボタンを選択)します。

※QRコードが表示されます。

CoincheckアプリでTREZORにBitcoin Cashを送金

必ず送信側、受信側共にBCHアドレスであることを確認してください。

 

4.3.1

先ほどTREZORでコピーしてメールで送信したアドレスをスマホで受け取り、BCHアドレスをコピーします。

 

4.3.2

「Coincheck」を選択します。

 

4.3.3

「メニュー」を選択します。

 

4.3.4

「送金」を選択します。

 

4.3.5

「BTC以外の送金はこちら」を選択します。

※このままここの画面の宛先にアドレスを貼り付けて送金したらセルフゴックスする可能性があります。

 

4.3.6

「Bitcoin Cashを送る」を選択します。

 

4.3.7

下のスクロールします。

 

4.3.8

「新規ラベル」任意のラベル名を入力し、新規宛先にコピーしたBCHアドレスをペースト(貼り付け)します。

※ラベル名は”TREZOR BCH 1″などTREZORのアドレスであることが分かるようなアドレスにしておくと以後便利です。

 

4.3.9

「Authenticator」に移行します。

※二段階認証を設定していない場合は、セキュリティ上設定しておくことをおすすめします。

 

4.3.10

「Authenticator」を選択します。

 

4.3.11

Coincheckの認証コードを選択します。

 

4.3.12

コピーされた旨が表示されます。

 

4.3.13

Coincheckのアプリに戻り、コピーした認証コードをペースト(貼り付け)します。

 

4.3.14

「送信」を選択します。

 

4.3.15

送信先リストの追加が完了した旨が表示されます。

 

4.3.16

「宛先」を選択します。

 

4.3.17

先ほど追加したアドレスを選択し、完了を選択します。

 

4.3.18

「金額」を入力します。

 

4.3.19

下にするロールすると送金時の注意事項が記載されています。

 

4.3.20

「送金する」を選択します。

 

4.3.21

内容に問題なければ「OK」を選択します。

 

4.3.22

「Authenticator」に移行し、認証コードをコピーし、「認証コードを入力してください」の部分にペースト(貼り付け)し「送信」を選択します。

 

4.3.23

送信された旨が表示されます。

 

4.3.24

Coincheckより送金が完了したお知らせのメールが届きます。

TREZORで着金を確認

4.4.1

TREZORの管理画面でBitcoin CashがTREZORに着金したことを確認します。

今回は送金から着金まで1分とかかりませんでした。

最後に

全ての仮想通貨資産をハードウォレットに置いておくのはこれまた危険です。

リスクヘッジのために複数の場所に置いておくようにしましょう。

ちなみに私は仮想通貨資産のうち半分くらいはTREZOR、あとはウェブウォレット、3つ取引所に分散して置いています。

PINコードとリカバリーシード、TREZOR本体を紛失しないよう保管しましょう。

無くしたら本当に悲惨なことになります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「どきどきビット」サイト管理人 しんすけ

どきどき草コインコース

時価総額の低い仮想通貨の総称である草コイン。

ビットコインや時価総額上位のメジャーなアルトコインよりもハイリスクハイリターンな草コイン投資の方法をお伝えしています。

※くれぐれも草コイン投資は余剰資金の中の更に余剰資金で!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

香港の取引所Bitfinex(ビットフィネックス)のアカウント登録と二段階認証を...

スマホで登録!みんなのビットコインの口座開設、本人確認、二段階認証の設定方法を解...

結構いい金額!ビットフライヤーとLINEでアフェリエイトをする方法

コインチェックのアプリを使いビックカメラでビットコイン(仮想通貨)決済してみた!...

有望コインXPが買える!Coinexchange(コインエクスチェンジ)のアカウ...

Nano Wallet(ナノウォレット)でNEM(ネム)をハーベストする設定方法...