ビットコインが盗まれた!仮想通貨取引所マウントゴックスが破綻した事件とは

しんすけ

しんすけ

こんにちは!「どきどきビット」サイト管理人のしんすけです。

2017年までは仮想通貨のハッキング事件の代表格とされていたのはマウントゴックスの事件でしたが2018年に入りコインチェックで580億円分の仮想通貨NEMが不正流出してしまいました。

マウントゴックス破綻はビットコインに問題があるのではなく、取引所であるマウントゴックスに問題があったのです。

本記事ではマウントゴックス破綻の事件の概要とそこから得られる教訓と対策についてお伝えします。

マウントゴックス取引停止とその後の報道

2014年2月末にビットコイン両替所であるマウントゴックスが取引停止となりました。

「日本円で100万円分以上預けている」とインタビューに答える利用者や「MTGOX Where is our money」と書かれたカードを掲げる人がテレビに映し出されました。

また一部の新聞ではまるでビットコインそのものに問題があるかのように報道され、当時の麻生太郎財務相は事件について「こんなもの長くは続かないと思っていた。」と発言。

こんなものとはビットコインのことを指しているものと思われます。

当時のマウントゴックスの説明によると同社のシステムに不正アクセス(ハッキング)があり、その後85万BTCが消失したとのことでした。

しかしその後の調べでマウントゴックスから無くなった資産は同社のCEOマルク・カルプレスの横領によるものが大部分であったとされています。

この事件でビットコインを知った人も多く、カルプレス被告の記者会見の様子とともに最悪のイメージでビットコインという言葉が浸透することとなりました。

その後カルプレス被告は顧客がマウントゴックスに預けているビットコインを横領したとして逮捕されたのです。

カルプレス被告の初公判が2017年に東京地裁で行われ無罪を主張しています。

カルプレス被告は2018年1月26日に発生したコインチェックの不正アクセスの事件後にはABEMA.TVに出演をしています。

教訓と対策

マウントゴックスの事件から得られる教訓は仮想通貨両替所(取引所)に仮想通貨を預けたままだと危ないと言うことです。

その対策として複数の仮想通貨取引所のアカウントを持つ、ハードウォレットやオンラインウォレットやモバイルウォレットに仮想通貨を保管するなどがあります。

マウントゴックスは円をビットコインに交換する両替所(取引所)です。

bitFlyerやCoincheck、Zaifやbitbankと同じです。

不幸にもCoincheckでは2018年1月26日に不正アクセスによりマウントゴックス事件よりもはるかに巨額の580億円相当の仮想通貨NEM(XEM)が不正流出してしまいました。

取引所は空港や街中にある円と外国のお金を交換してくれるお店と同じようなお店ですが、円と交換するお金が外国のお金ではなくビットコインなのがマウントゴックスです。

空港や街中の両替所が破綻したからといってドルやユーロが破綻したとはなりませんよね?マウントゴックスの破綻も同じことです。

しかし空港の両替所とマウントゴックスで一つだけ違う点があります。

両替所の顧客は交換したお金(ビットコイン)を両替所(マウントゴックス)に預けたままにしておくことができるのです。

仮想通貨両替所(取引所)は最大限のセキュリティ対策を行なっていますが、仮想通貨資産を預けたままにしておくと両替所に悪意のある人間がいれば盗難されてしまう可能性があるのです。

また両替所に悪意が無くとも両替所が不正アクセス(ハッキング)された場合、顧客の預けている資産が盗難される可能性もあります。

仮想通貨取引所がDDoS攻撃されたり、顧客のアカウントが乗っ取られ勝手に送金されていたりと言うことは2017年に実際によく起きています。

※DDoS攻撃:複数のコンピュータから大量の処理負荷をかけて標的のコンピュータを機能停止に追い込む攻撃

最後に

仮想通貨をほとんど知らない人でもビットコインというとマウントゴックスの事件をイメージして怪しいと思う人がいるのが現状です。

この事件を誤解してビットコインが怪しいと思っている人達の認識を変えるのは不可能でしょう。

両替所内部の人間が悪意を持っての盗難事件は二度と起きて欲しくないですが、ハッキングや乗っ取りが無くなることはないでしょう。

信頼している両替所や取引所で仮想通貨を取得しても分散管理を心がけましょう。

筆者が信頼して使っている取引所はbitFlyerZaifです。

それでも購入した後はハードウォレットやオンラインウォレット、複数の取引所に分散管理しています。

現金は泥棒や火事、スリなどの被害に遭うとなくなってしまうのでいろんな銀行に預けておいたり、あ財布の中には大きなお金を入れておかなかったりと現金ならではの対策を知らず知らずのうちにしていますよね?

それでもリスクはゼロにはならないはずです。

仮想通貨も同じことです。

仮想通貨の性質を知り対策を行なって可能な限りリスクを低減する。

それでもリスクはゼロにはならないのです。

仮想通貨であろうと法定通貨であろうと、可能な限りの対策を怠ってはいけません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「どきどきビット」 サイト管理人 しんすけ

どきどき初心者コース

仮想通貨投資に興味を持ったのであればこちらの記事がおすすめ!

仮想通貨を今始めるメリットやリスク、具体的な方法を分かりやすく解説しています!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮想通貨は大丈夫!?テザー疑惑を分かりやすく解説!ステーブルコイン(ペッグ通貨)...

仮想通貨がタダでもらえる!?ビットコインのハードフォークを図解でわかりやすく解説...

忙しいあなたにガチホをおすすめ!仮想通貨投資歴1年の私がガチホする3つの理由

おすすめしません! 新しい資金調達法ICOの特徴や仕組み、危険性を解説!

今の価値でうん億円!?1万BTCがピザ2枚と交換されたビットコインピザデー5月2...

登録済みの取引所を選ぼう!金融庁が定める仮想通貨取引交換業者とみなし業者とは!