仮想通貨がタダでもらえる!?ビットコインのハードフォークを図解でわかりやすく解説!

しんすけ

しんすけ

こんにちは!「どきどきビット」サイト管理人のしんすけです。

仮想通貨投資をやっているとたまに耳にすることのある仮想通貨のハードフォーク。

ハードフォークが起こると、仮想通貨が二つに分かれ持っている仮想通貨の数に応じて新しい仮想通貨がもらえます。

しかしもちろんただ仮想通貨をもらえるだけのイベントではありません。

ハードフォークはいわば仮想通貨のアップデート。

ハードフォークの仕組みまで知ると売買のタイミングが見えてきます。

ソフトフォークとハードフォーク

世界中で取引されているビットコインの取引量が増えたために、送金しても何時間もかかったり、送金したのに帰ってきてしまったり、送金手数料が高くなったりすることにより、仮装通貨としての本来の機能を果たさなくなってしまう事態が発生する場合があります。

仮想通貨元年と呼ばれた2017年は多くのお金がビットコインをはじめとする仮想通貨に流れ込み価格が高騰しましたが、同時に送金詰まりも引き起こしました。

今までは仮想通貨は送金料が安く送金時間も短いというのが大きな特徴だったのですが、利用者が増えると送金網が混雑して手数料が上がり送金時間も大幅にかかるようになったのです。

仮想通貨の取引はブロックチェーンと呼ばれるデータベースに記録されていきます。

その記録が追いつかなくなることにより上記のような事態が発生しますが、ブロックチェーンの仕組みを変更することにより事態の改善を図る手段の一つがハードフォークなのです。

仮想通貨はデータなのでアップデートが可能なのです。

フォークとは分岐という意味です。

このフォークとはあなたが最初にイメージする食卓にあるフォークです。

フォークって先端が分かれていますよね。

その見栄えになぞらえて仮想通貨がアップデートにより分岐して分かれるのが仮想通貨におけるフォークです。

フォークにはハードフォークとソフトフォークの2種類があります。

ではフォーク(アップデート)が必要な場面を図で確認してみましょう。

仮想通貨を送金したり決済に使ったりする取引データは全てブロックチェーンというデータベースに記録されます。

取引データは一定の時間が経つと一つのブロックにまとめられて、次の取引は新たなブロックの中に格納されていきます。

取引量が少ない場合は問題なく処理が進んで行くのですが、取引量が多くなると処理が追いつかなくなり取引手数料が高騰し送金時間が長くなります。

2017年後半の状態はまさにこの処理が追いつかなくなっている状況だったのです。

このままでは仮想通貨として成り立たないのでアップデートを行う必要が出てきます。

そのアップデートにソフトフォークとハードフォークの2つの方法があるのです。

ソフトフォークとは

ソフトフォークは仮想通貨の仕様を変更しますが新しい仮想通貨が生まれることはありません。

ソフトフォークの手段の一つに取引データを縮小する方法がありsegwitと呼ばれています。

ブロックのサイズはそのままで、箱の中に入れる取引データの容量を小さくする方法です。

ソフトフォークで取引データの容量を小さくしても以前のブロックと繋げることができます。

一時的にブロックチェーンは分岐されますがいずれ収束し、二つの仮想通貨に別れるようなことはありません。

ソフトフォークはバージョンアップにイメージが近いものです。

ハードフォークとは

ブロックのサイズを大きくすることにより一つのブロックに入れることのできる取引データ量を増やすことにより処理スピードを早くします。

しかしブロックを大きくすると過去のブロックと繋げることができなくなってしまうのです。

そのために過去のデータを新しいバージョンで書き直す必要があり、結果として元の仮想通貨と互換性のない分岐した新しい仮想通貨が誕生します。

Bitcoincash/BTCに見るハードフォーク時の相場変動

ハードフォークが発表されると新たにできる仮想通貨をもらえることに期待してハードフォークする仮想通貨を買う人が増え値上がりする傾向にあります。

そしてハードフォークが終わると価格は下がる傾向にあります。

ハードフォーク狙いの人はお目当ての新しい仮想通貨を手に入れたら他の仮想通貨や法定通貨に交換しているのでしょう。

2017年8月1日に実施されたハードフォークの結果、Bitcoincashという新しい仮想通貨が誕生し、日本の仮想通貨取引所でも取り扱われ値段もついたので売買が可能となっています。

Bitcoinを持っている人はその保有数に応じて新しい仮想通貨が配られたのです。

新しくできたBitcoincashはブロックの大きさがBitcoinよりも大きいので処理速度はBitcoinよりも早く性能が良いということになります。

この時の動きを見て10月25日に新たなハードフォークを予定していたBitcoinは9月の40万円台から60万円台へと大きく価格を上げました。

しかしこの時に生まれた新たな仮想通貨Bitcoingoldは日本の取引所は扱っていません。

日本の取引所の口座しか持って無い人はがっかりだったでしょうが、海外の取引所を使えばちょっと遠回りして日本円に交換することができます。

Bitcoinはさらに11月16日あたりにもハードフォークの予定があり、11月3日時点で史上最高値の80万円台にまで上昇しています。

新しくできる仮想通貨を配られることに期待している人たちにより買われているのも上昇の要因の一つだと思われます。

その後11月16日のハードフォークは延期が発表されました。

その影響か定かではありませんが11月11日には70万円代前半まで下落しています。

更に更に12月にもハードフォークが行われるという情報も出てきて2017年後半はBitcoinのハードフォーク祭りのような状態になりました。

最後に

ハードフォークやソフトフォークが行われる際は、相場が乱高下します。相場がどのように動くのか全く予想がつかない場合は、日本円や他の価格が安定している仮想通貨に変えておくのも一つの手段です。

特にハードフォークやソフトフォークが行われる前にはいくつかシナリオを用意し相場を細かく確認して迅速に動ける準備をしておくことをおすすめします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「どきどきビット」サイト管理人 しんすけ

どきどき初心者コース

仮想通貨投資に興味を持ったのであればこちらの記事がおすすめ!

仮想通貨を今始めるメリットやリスク、具体的な方法を分かりやすく解説しています!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おすすめしません! 新しい資金調達法ICOの特徴や仕組み、危険性を解説!

買っときゃよかった!仮想通貨(ビットコイン)の価格が変動する7つのタイミング

今の価値でうん億円!?1万BTCがピザ2枚と交換されたビットコインピザデー5月2...

その思考は危険!筆者が実際に相談された仮想通貨(ビットコイン)詐欺かもしれない友...

【最新2018年6月】金融庁のホワイトリストとは?日本で認可されている仮想通貨に...

ビットコインが盗まれた!仮想通貨取引所マウントゴックスが破綻した事件とは